【残り100ヤード】で確実にグリーンに乗せる対策

100ヤード以内がスコアを左右する

ゴルフにおいて

グリーンまで残り100ヤードの距離は

スコアメイクにおいてとても重要になります。

例えば

100ヤード以内で確実にグリーンに乗せることができれば

ミスショットが出にくい

パッティング勝負に持ち込めるので

スコアは安定しやすくなります。

そこで今回は

100ヤード以内で

確実にグリーンに乗せるための2つの方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

①100ヤード以内は素手でスイング

残り100ヤード以内で重要なのは

距離感を合わせることになります。

そのためには

日ごろの練習で培ったフィーリングを最大限に生かす必要があります。

その方法が

グローブではなく素手でスイングすることになります。

それによって

クラブを持つ感覚が格段に向上します。

グローブを外すとグリップ力が低下してよくないのでは?

ということも考えられますが

そもそも

100ヤード以内のショットで

フルスイングすることはほとんどないので

素手で十分ということです。

▼素手でスイング詳細

②残りの正確な距離(ヤード)を知る

ショットやいくら正確でも

残りの距離が正確でないと

グリーンに乗せるのは困難になります。

そこで

以下のような機器で正確な距離を知ることがまず重要になります。

▼ゴルフスコープ

▼ゴルフウォッチ(GPS)

100ヤード以内を確実に決めるためには

①自分のフィーリングを最大限活用する

②正確な距離を知る

の2つになります。

皆さんも100ヤード以内を極めて

スコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。