下半身を安定させるゴルフスイング練習

これができるとどこでも打てる!?

ゴルフをする上で

一つの壁になるのが『ライ』➡地面の状態です。

地面が比較的フラットな練習場ではうまく打てても

ラウンドになると地面がフラットな部分は少なくボールに当たらなくなる

そんなご経験はありませんか?

 

ゴルフのスイングは

身体の位置を大きく変えずに

『体重移動』

『身体の回転』

によりボールを飛ばすスポーツです。

 

つまり

『安定』『不安定』

逆行することを同時に行わなければなりません。

 

今回は

地面に直接接地している

『足部の安定性』

を高める練習となります。

 

足部が安定すると

地面がフラットな部分が多いラウンド時にも安定したスイングができるようになります。

 

スポンサーリンク

練習方法

【用意するもの】

①バランスディスク バランスクッション

※Amazonで一つ¥1,000前後

②ゴムのT

③7番もしくは6番アイアン

【方法】

①バランスディスク バランスクッションの上に乗ってアドレスをとります。

②そのままゴムTを繰り返し打ち抜きます。

③スイングしてもマットから足が落ちないようにしましょう。

※はじめは小さいスイングからでもよいです

④上記右写真のようにできるだけつま先の方に体重が乗るように打ちましょう。

【効果】

☑スイングのフィニッシュで体勢が崩れにくくなる

『ライ』が悪い状態でも下半身が踏ん張れる

☑インパクトの際の身体の伸びあがりを改善できる

ミート率が上昇する

※上記の練習を2~3分実施後に比較的すぐに効果が実感できると思います

▼足元が不安定なスイングの方に最適です

実際の練習動画

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
まずこのようなマットに乗ること自体が結構難しいですが
少し難しい状況で練習していれば
ある程度『自信』がつくと思います。
今回の練習はやや難易度が高いので中級者以上の方にオススメな練習となります。
是非試してみてくださいね(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です