イップス(YIPS)は克服できるのか

イップスとは

イップス(YIPS)とは

ゴルフのパッティングやアプローチなど

重要な場面で

手の震えや硬直

心拍数の上昇を認め

ミスが増えてしまう

精神神経筋障害のことをいいます。

イップスの影響を受けたゴルファーは

18ホールで

平均で約4.7ストローク(打)

スコアを落としてしまう傾向にあるようです。

» A multidisciplinary study of the ‘Yips’ phenomenon in golf: An exploratory analysis
 
スポンサーリンク

イップスの種類

イップスには

☑ パターイップス

☑ アプローチイップス

☑ アイアン,ドライバーイップス

☑ バンカーイップス

などがあり

このイップスという言葉は

ゴルフで生まれ

様々なスポーツでも

使われるようになりました。

イップスの治療➡克服は可能か?

結論から言うと

イップスの治療は

まだ確立されていません。

 

しかし

手の震えや

硬直した筋肉の症状を

緩和するために

β遮断薬(交感神経を抑制する薬)

などが用いられるようです。

»The yips: a movement disorder among golfers

 

治療が確率していない理由としては

イップス

原因が分かっていないからです。

仮説としては

いわゆる【トラウマ】が

影響しているのではないかと

言われていますので

ストレス要因による

適応障害に近いと言えるかもしれません。

 

では

イップスは克服できないのか?

 

一概にはそうとは言い切れません。

パターの確率を高める論文を

過去にご紹介しましたので

もし

イップスでお悩みでしたら

一つのヒントにして頂ければと思います(^^)/

▼パターの確率を上げる方法(論文)

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。