間違った【グリップ】3選

ミスショットの原因はグリップかも

今まで沢山のご依頼を頂き

多くの方のスイング動画の分析をさせて頂きましたが

特に特徴的なのがグリップになります。

 

面白いくらいにグリップの仕方は

人によって違いがあります。

 

そのスイングによって代償的に

グリップはどんどん変化していくので

例えば

スライスしやすい人は

フック(フックしやすい)グリップの方が多いです。

 

しかし

このグリップによって時には

ミスショットに繋がる可能性があり

それを引き起こさないためにも

今回は

間違った【グリップ】3選をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

間違ったグリップ3選

この動画の中で解説されていますが

間違ったグリップ(右打ちの場合)は

 

①左手の親指が右手で隠れていない

➡スイング時にクラブがカブ(かえ)りやすい

 

②両手の親指と人差し指の付け根が締まっていない

➡スイング時にクラブがブレやすい

 

③両手の親指が人差し指の位置よりも高い

➡力みに繋がりやすい

 

このようなグリップによって

ミスショットを引き起こしやすくなってしまうと

どれだけ綺麗なスイングをしていても

いい結果に繋がりません。

 

まずはご自身のグリップを

動画や静止画で確認し自己分析してみましょう。

▼自分自身を撮影する

また基本的なグリップに関しては

過去に解説しましたので以下の記事を

参考にしてみてください♫

▼グリップの基本

グリップの重要性を今回の記事で

分かって頂けたと思います。

ご自身の問題点と向き合い

次のラウンドからのスコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。