ゴルフ/スイング中に『手首』を痛めてしまう理由

ゴルフで『手首』を痛めたことありますか?

皆さんは

ゴルフ中に手首を痛めたことがありますか?

☑痛めて現在もまだ痛い

☑痛めたが自然に治った

こういった方が

この記事を読んで頂いていると思います。

結論から言うと

手首は『腱鞘炎』によって痛みが生じている場合が多いです。

今回はどのようなスイングで

この手首の『腱鞘炎』を引き起こしてしまうのかを

解説していきたいと思います。

 
スポンサーリンク

『腱鞘炎』って?

手首を痛めてしまうスイングを解説する前に

まずは皆さんの手首に

『腱鞘炎』の症状があるかを確認しておきましょう。

▼以下に示すのが『腱鞘炎のテスト』になります。

このように

親指をその他の指で握り込んだ状態で

手首を小指側に曲げます。

これを行ったときに赤く示した部分

痛みがあると手首の『腱鞘炎』を引き起こしている可能性があります。

『腱鞘』は手首の腱をつつむ鞘(さや)のような役割をします。

現在、痛みがあるという方は

まずは安静とクーリング(冷やす)が必要になります。

痛みの対処法に関しては以下の記事をご覧ください。

▼痛みの対処法

木村 陽志
木村 陽志

では、ここから手首を痛めるスイングについて解説していきます(^^)/

手首を痛めるスイング

写真に示すように

手首を痛めるスイングは

インパクトの際に

アッパーブロー+ダフリorトップが重なったときに

生じやすくなります。

» ダフリ、トップとは?

もう少し詳しく説明すると

以下の写真のように

 

先程はアッパーブローと言いましたが

コックが維持できない状態をあらわします。

コックが維持できていないと

『腱鞘炎のテスト』のときのような

左手首の腱が引き伸ばされて

『腱鞘』に負担がかかった状態となります。

これは

左手首の尺屈(手首を小指側に曲げる動き)が強調されたことで

腱が伸張されるストレスが加わったことになります。

それに加えて

『ダフリ』『トップ』のようなミスショットによる

地面やボールからの衝撃によるストレス

クラブを介して手首へ返ってきます。

このストレスが同時に生じることで

左手首の『腱鞘炎』を引き起こしてしまいます。

 
スポンサーリンク
木村 陽志
木村 陽志

では、ここからは解決策を2つご紹介します(^^)/

『手首』を痛めないスイング方法

『手首』を痛めないスイングを獲得するためには

2つの方法があります。

それは

☑アドレスを見直すこと

☑ダウンスイングでの手首のコックを維持すること

この2つの方法は

過去の記事でご紹介しましたので

そちらをご覧ください。

▼手首を痛めるアドレスを見直す

▼ダウンスイングでの手首のコックを維持する

この2つを修正することで

結果的にはミスショットが減りますので

一石二鳥といったところです。

これらを見直すことで

皆さんが健康的に

長くゴルフを続けることができれば幸いです(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。