ゴルフ/『アイアン』と『ウッド』の打ち方

『アイアン』と『ウッド』の打ち方

『アイアン』は得意だけど『ウッド』が苦手

もしくは

『ウッド』は得意だが『アイアン』は苦手という方に質問です。

木村 陽志
木村 陽志

『アイアン』『ウッド』を同じイメージでスイングしていませんか?

両方同じイメージでスイングをしているという方は

もしかしたら

『アイアン』が調子いいときは『ウッド』が調子よく

『ウッド』が調子いいときは『アイアン』が調子よい

と、どちらかに調子がかたよっていないでしょうか?

これは

両者のスイングのイメージが異なることをあらわします。

では

どのようなイメージの違いがあるのでしょうか?

▼実際にはこのような違いがあります。

『アイアン』ダウンブロー

» ダウンブローとは?

『ウッド』フラット

ダウンスイング~インパクトを向かえるようにイメージすると

» ダウンスイング、インパクトとは?

ミスショットが少なくなります。

できれば

どちらもダウンブローでダウンスイングしたいのですが

『ウッド』の方がヘッドの重みがあるため

スイング軌道を最短(ダウンブロー)にしようとすると

フェース面が開き(動き)やすくなってしまいます。

それを

小手先で調整しようとするとミスショットが増えてしまいます。

スイング軌道をフラットにするということは

少し大きい円を描くように遠回りの軌道になるので

フェース面が閉じるまでの時間が稼げます。

というのも

スイング軌道は上から見ると

このような軌道をたどるので

円が大きいほうがヘッドの重さの影響を受けにくくなります。

その点

『アイアン』はヘッドの重さが少ないために

最短距離でもフェース面は開きにくくなります。

まとめ

最後にまとめると

『アイアン』はダウンブローで

『ウッド』はフラットのイメージで

ダウンスイングを行うことでミスショットが軽減できる。

ということになります。

木村 陽志
木村 陽志

実際に試した感想などをコメント頂ければ幸いです(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください