ゴルフクラブの『ウッド』は何故そう呼ぶ?

『ウッド』の名称の由来

皆さんはゴルフクラブの

『ウッド』の名称の由来をご存知でしょうか?

1W、2W、3W、4W、5W・・・

この辺りがよく使う『ウッド』だと思います。

現在、この『ウッド』のヘッド部分は

チタンやステンレスなどの金属製のものが多いですが

一昔前は、パーシモン(柿の木)を使用していたので

『Wood(木)』『ウッド』と呼ばれるようになりました。

▼パーシモン

現在のクラブよりも飛距離は出ませんが

今となっては貴重なクラブといえます。

このパーシモンの名残で

現在も『ウッド』と呼んでいるようです。

さらに

『ウッド』にはそれぞれ名称があります。

1W ドライバー
2W ブラッシー
3W スプーン
4W バフィー
5W クリーク

となります。

名称だけでも覚えておくとよいでしょう(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。