ゴルフスイングのフォロースルーまで頭残すのがダメな理由

ゴルフスイングで頭を残すと教えられた

今まで

ゴルフを知り合いに教えてもらった

という方の中で

●頭を残せ!!

●最後までボールを見ろ!!

そう強く教えられたという

方がいらっしゃいます。

 

確かに雑誌などでスイング中

インパクトの一部の写真を見ると

頭を残しているトッププロのスイングが

多いのですがそれはあくまで

静止画だからということになります。

 

実はこの静止画の影響を受けて

スイング中に頭を残しすぎてしまうと

大きな不利益が生じます。

 

そこで今回は

スイング中に頭を残しすぎると生じる

不利益について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイング中に頭を残すことの弊害

この動画の中で解説されていますが

スイング中に

インパクト以降も頭を残してしまうと

スイングの抑制になってなってしまい

〇飛距離が落ちてしまう

〇頭痛、めまい、首痛などの障害を引き起こす

といった可能性があります。

▼スイングが原因で生じる頭痛、めまい、首痛

スイング中の頭の動きが理想的な

トッププロは

アニカ・ソレンスタムになります。

是非参考にして頂ければと思います(^^)/

▼アニカ・ソレンスタムのスイング

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。