ゴルフスイング中の体重移動のタイミングとは?

ゴルフスイングは体重移動で決まる

ゴルフスイングで意外と重要なのは

体重移動になります。

スイング中の体重移動のタイミングは人によって違います。

例えば

百獣の王 武井壮さんのスイングでは

右足に体重を残したままスイングしています。

▼武井壮さんのスイング解説

逆にココリコ遠藤章造さんは

体重移動は少なく

無理のないスイングをしています。

▼ココリコ遠藤章造さんのスイング解説

このように

ゴルフスイング中の体重移動の仕方によって

大きくスイングが変わってきます。

では

スイング中の体重移動はどのように意識するのがベストなのでしょうか?

今回は最も基本的な

スイング中の体重移動の方法を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフスイング中の体重移動のタイミング

スイング中の体重移動として

最も基本ていな方法はこのイラストのようになります。

手順は

右足に体重移動

➡アドレス後にバックスイングの初動として右足裏を地面に押し付けるイメージ

バックスイング

➡①の動きに伴いクラブフェースが矢印方向に動き出してバックスイングへ移行する

左足に体重移動

➡トップ後にダウンスイングの初動として左足裏を地面に押し付けるイメージ

ダウンスイング

➡②の動きに伴いクラブフェースが矢印方向に動き出してダウンスイングへ移行する

といった流れでスイングします。

ポイントは体重移動をする際に

それが大きくなりすぎると

スウェイのようなミスショットが出やすいスイングになってしまうので

あくまで体重移動のイメージは足の裏を地面に押し付けるイメージで行うとよいです。

はじめはイメージしにくいと思いますので

以前ご紹介した

フォースペダルを練習として用いるとイメージしやすいと思います。

▼フォースペダル

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。