【ゴルフ】スイング中の体重移動は必要?

スイング中に体重移動

ゴルフスイング中の体重移動については

☑左足にしっかり乗せる

☑右足に残す

☑体重移動は行わない

など様々な方法や考え方が散見しています。

いったい何が正解なのか?

という部分が疑問になると思います。

そこで今回は

スイング中の体重移動は必要なのか?

という部分の解説をしたいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

スイング中の体重移動は必要か?

動画の中で

中井学さんが解説されていますが

スイング中の体重移動という概念はとても曖昧なものとのことです。

体重移動=重心移動の圧の変化

という表現をされていますが

この考え方は僕自身も納得する表現です。

ゴルフスイングはそもそも左右の体重移動で行うものではなく

身体の回転を伴うことで成立するものです。

そのため

『身体の回転によって足にかかる圧が変化した』

という言い方が正しいと思います。

先日、スイング中の体重移動の記事を書きましたが

体重移動という表現がよくつかわれるために

その言葉を用いましたが

記事後半では足の裏で地面を押し付けつける(つまり圧をかける)

というイメージの言葉に変換して解説しています。

安易に体重移動を意識をしすぎると

スウェイという骨盤の過剰なシフト(移動)による

ミスショットが増えてしまうので

体重移動=重心移動の圧の変化

という理解の仕方をしておくと

スイング中のイメージが付きやすいと思います(^^)/

▼スイング中の体重移動のイメージ

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。