ゴルフ直前のウォームアップで怪我が予防できる!!

ゴルフ直前に何分間ウォームアップが必要?

皆さんはゴルフの直前にウォームアップを行いますか?

ここでいうウォームアップとは

ショット、アプローチ、パター以外の

ストレッチや準備体操になります。

意外と何もしないという方が多いという印象です。

ゴルフの直前に少なくとも

約10分間のウォームアップルーチンを行うことで

怪我の発症率を軽減させられる可能性があると報告されています(R)。

そこで今回はゴルフ直前に行う

ウォームアップルーチンをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフ直前に行う3つのストレッチ

ゴルフの怪我を予防するのに推奨されている(R)ストレッチは

①大腿直筋(だいたいちょっきん)ストレッチ

②腸腰筋(ちょうようきん)ストレッチ

③股関節外旋筋(こかんせつがいせんきん)ストレッチ

の3つになります。

ここから3つのストレッチ方法を簡単に解説します。

①大腿直筋ストレッチ

大腿直筋は太ももの筋肉になります。

動画のように椅子を使用せず

どこかにつかまりながら行っても問題ありません。

②腸腰筋ストレッチ

腸腰筋は骨盤と背骨を繋ぐ筋肉になります。

腸腰筋のイラストは動画の3分00秒あたり

腸腰筋のストレッチは動画の3分40秒あたりから解説しています。

③股関節外旋筋ストレッチ

股関節外旋筋は股関節を外に開く筋肉になります。

深層外旋六筋とも言います。

ストレッチ方法は様々ですが

ゴルフ直前に行える方法を動画の中で紹介しています。

まとめ

ゴルフの怪我を予防するには

約10分間かけてウォームアップルーティンを行うことが推奨される。

ゴルフ直前には

①大腿直筋ストレッチ

②腸腰筋ストレッチ

③股関節外旋筋ストレッチ

の3つを行うことがお勧め。

是非、お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。