一瞬で効果が出る!?スライス・ひっかけ直る【ゴルフボールの置き方】視覚的心理効果

スライス・ひっかけ(フック)卒業

皆さんはゴルフで

スライスと

ひっかけ(フック)の

どちらでお悩みでしょうか?

これらはボールの飛球方向が

極端に左右に

曲がってしまうことで

OBになりやすい

残念なミスショットといえます。

 

スライスする人も

ひっかけ(フック)する人も

どちらにせよ

ある程度原因は決まっています。

 

そこで今回は

スライスとひっかけ(フック)を

一瞬で改善させる

視覚的心理効果を使った

ボールの置き方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スライスする人の特徴

出典:https://youtu.be/VPbDJUB4YHw

スライスしやすい人の

スイングの特徴として

多いのがインパクトの時に

後ろ(右足)に体重が残ってしまう人です。

 

しかし

スイング自体を直そうとすると

スイング中は

自分自身のスイングが見えてはいません。

 

故になかなか意識やイメージだけで

スイングを直すのって難しいですよね。

ここで一つ改善のヒントになるのが

視界に入るのは

ゴルフボールであるということです。

 

そこでゴルフボールの置き方で

視覚的心理効果を与えて

自然に体重が

後ろ(右足)に残らないようにさせます。

スライス改善するボールの置き方

出典:https://youtu.be/VPbDJUB4YHw

その方法としては

写真のように

ゴルフボールのマークを

ボールの円の左端に見えるように

設置してこのマークが視界から

無くならないようにスイングします。

 

そうすることで

後ろ(右足)への体重移動が

抑制されて結果的に

スライスしにくいスイングになります。

ひっかけ(フック)する人の特徴

出典:https://youtu.be/VPbDJUB4YHw

ひっかけ(フック)しやすい人の

スイングの特徴として

多いのがインパクトの時に

頭が前(左)に突っ込む人です。

 

これも先程と同様に

ゴルフボールの置き方で

視覚的心理効果を与えて

自然に頭が前(左)に

突っ込まないようにさせます。

ひっかけ(フック)改善するボールの置き方

出典:https://youtu.be/VPbDJUB4YHw

その方法としては

写真のように

ゴルフボールのマークを

ボールの円の右端に見えるように

設置してこのマークが視界から

無くならないようにスイングします。

 

そうすることで

頭の前(左)への突っ込みが

抑制されて結果的に

ひっかけしにくいスイングになります。

ボールの設置によるスイングの変化

出典:https://youtu.be/VPbDJUB4YHw

このように

ボールのマークを注視しながら

視覚的心理効果を駆使すると

①に対して行った

マーク左側では

後ろ(右)への

体重移動が抑制され

②に対して行った

マーク右側では

逆に頭の前(左)への

突っ込みが抑制されています。

 

皆さんも

このような

視覚的心理効果を利用して

自然にスイングを

良い方向へ変化させられると

ラウンド時などの短期的な

スイング修正に役立つことでしょう。

是非、参考にして頂ければと思います(^^)/

▼参考動画

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。