ゴルフスイング中に手首使うとスライスが改善する説

手首って使わない方がいいのでは?

ゴルフスイングにおいて

最近は

手首を使わず固定して

シャット(フェースを閉じたまま)に

身体を回して

ショットするという理論が

メジャーとなってきました。

 

このようなスイングの

お手本は

ダスティン・ジョンソンや

タイガー・ウッズなどが

分かりやすいと思います。

 

しかし

スライスで悩む方が

安易にこれを行うと

さらに

悪化してしまう可能性があります。

 

そこで今回は

スライスが改善する

手首の使い方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイング中の手首の使い方

この動画の中で

スライスが改善しない方に

対しての手首の使い方が

解説されていますが

一言でいうと

手首を返す方法になります。

 

ボールが

スライス回転に

なってしまうという方は

手首を極端に返す動きから

練習すると少しずつ

ドローボールが打てるようになります。

さらに

手首を返す動きを

行うことで

二重振り子といって

力強い飛距離の出る球も

打てるようになるので

まずは

小さいスイングから

練習することがお勧めです。

▼手首の使い方二重振り子

また

手首の使い方が上手く

ドライバーの飛距離が出せる

川上憲伸さんのスイング分析でも

手首の動きに関して解説していますので

そちらも

参考にして頂ければと思います♪

▼元プロ野球選手のスイング

手首の使い方をマスターして

●スライス改善

●飛距離アップ

を目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。