【ゴルフ】無意識に正しいスイングが身に着く2つの方法

正しいゴルフスイングが出来ていますか?

引用記事:スイングフェイズ

皆さんはご自分が正しいゴルフスイングが出来ているか

意識したことはありますか?

そもそも正しいスイングとはなんなのでしょうか?

その時代によって何度もスイング理論は変化してきました。

しかし

我々はトッププロではありません。

つまり

我々に必要なのは

トッププロのようなテクニックではなく

できるだけミスショットをしないスイング

というのが正しいスイングと言えるでしょう。

そこで今回は

ミスショットを減らすための

正しいスイングが無意識に身に着く2つの方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

①右手打ち練習

まず1つ目に重要なのは

右手打ちの練習になります。

この右手打ち練習は渋野日向子選手も行っています。

右手はゴルフスイングの中で動きすぎると

☑ダフリ、トップ

☑ひっかけ

などミスショットの原因になりやすくなります。

 

なのでスイングの中では

右手は極力固定して

身体を回してスイングするようにします。

この右手打ち練習を行ったときに

ミスショットが出たり

しっかりボールを捉えられない場合は

☑手首を返すのが早い

☑肘を伸ばしてクラブを当てにいってしまう

☑身体の回転軸がズレている

この3つがダウンスイング以降に生じている可能性があります。

 

逆にボールをしっかり捉えてまっすぐ飛べば

この3つがクリアできていることになります。

つまり

この右手打ち練習を行うことで

スイングに必要な正しい身体の使い方を覚えることができます。

通常の練習場での両手を使ったスイングでは

様々な代償が可能なので間違ったスイングをしていても

何とかまっすぐ飛ばすことができます。

 

しかし

この右手打ち練習は

正しいスイングが出来ていないと

ボールをまっすぐ飛ばすことは困難となります。

強制的に正しいスイングの形が完成する練習と言えます。

是非お試しください(^^)/

▼右手打ち練習補足

②正しいスイングが身に着く練習器具

この練習器具は以前ご紹介したものになりますが

正しいスイング軌道から外れた瞬間に

クラブが折れ曲がる仕組みになっています。

実際にボールを打つこともできるので

正しいスイング軌道でスイングしていれば

1回もクラブが折れることなく

ボールもまっすぐ飛んでいくことになります。

これも結果がよくなれば

強制的に正しいスイングの形が完成すると言えます。

▼正しいスイングを矯正する練習器具補足

正しいスイングを習得する2つの方法をご紹介しましたが

そもそも正しいスイングのイメージが全然できていない

という方は

以下の記事をご覧いただくと

イメージが付きやすくなりますので

参考にして頂ければと思います(^^)/

▼正しいスイングのイメージ

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。