次のラウンドからカップに入る【パッティングの2つのポイント】

パッティングが入ると余裕が生まれる

ゴルフの中で

スコアが大きく変わる

要因となるのが

パッティングの打数になりますが

なかなか

安定してくれないというのが現実です。

 

しかし

パッティングの

調子が良いと

グリーンに乗せさえすれば

あとは何とかなるという

気持ちで戦略を

立てることが出来て

少し余裕が生まれます。

 

その余裕が

スコアの安定に繋がります。

 

そこで今回は

パッティングが入るようになる

2つのポイントをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

次のラウンドから入る!パッティング術

この動画の中で

堀川未来夢プロが

解説していますが

次のラウンドから入る

パッティングの2つのポイントは

①パットの直前に考えることは1つにする

➡方向、振り幅など

いくつも意識を頭に置いておくと

結局パッティングに集中できずに

ミスショットが増えてしまいます。

パット率上がる思考法とは?

 

②少しハンドファーストに構える

➡ハンドレイトで構えるよりも

ボールとの接触時間が

増える感覚があり操作性が上がりやすい。

 

この2つのポイントになります。

 

シンプルではありますが

実践しやすい方法なので

どちらかだけでも

試してみるのはよいかもしれませんね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。