【ダフり】を改善する2つの練習

ダフりはやってはいけないミスショット

ダフりとは

ボールに当たる手前で

クラブが地面と接触してしまう

ミスショットのことをいいますが

これにより

☑飛距離が全くでない

» 許されるミスショットもある

☑怪我をしてしまう

» ゴルフ中に怪我しやすい場面

といった不利益が生じやすくなります。

そこで今回は

簡単にできるダフりを改善できる練習方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ダフりを改善する2つの練習

ダフリを改善する練習方法は

①バックスイングで左肘を曲げない

②ゴルフマットで実際にそれを試す

この2つになります。

それぞれについて

もう少し詳しく解説します。

①バックスイングで左肘を曲げない

1つ目の練習は

動画のようにバックスイングで

左肘を曲げないように練習する方法です。

ダフりの原因は

よく手首のほどき問題だと言われますが

その手首をほどく原因が

トップで左肘が曲がってしまっていることが

問題である場合があります。

ゴルフスイングでは

動かす身体の部位よりも

固定する身体の部位を理解する方が重要になります。

まずは

このような方法で左肘の状況を確認してみましょう。

②ゴルフマットで実際にそれを試す

2つ目は

①をクリアした後に

動画のような小さめのゴルフマットを

カスるようにショットしてみましょう。

ダフっている場合は

マットが大きく動いてしまいます。

通常は

マットへクラブヘッドがカスる音が鳴るが

マットはほぼ動かない

この状態がダフっていないことをあらわします。

この練習は

ボールを使用せず確認できますので

ラウンド前日にでも簡単にチェックが可能です。

是非お試し頂ければと思います。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。