ドローボールが簡単に即打てるようになる2つのポイント

ドローを練習すると当たらなくなる

ドローボールは

打ち出しが少し右方向で

目標に向かって

左に曲がって

戻ってくる球筋をいいます。

 

打ち出しが左方向であったり

左への曲がりが大きいと

フックボールとなり

ミスショットの原因となります。

 

このドローボールは

1打目で打てると

飛距離も出やすいので

強い武器になるのですが

安易に練習して習得しようとすると

トップ

(ボールの上を叩いてボールが転がる)

や手打ちになって

大崩れしてしまうこともあります。

 

そこで今回は

ドローボールを習得する

簡単な2つの方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドローボールを打てる2つのポイント

この動画の中で

木下稜介プロが解説していますが

ドローボールを打つポイントは

①アドレスでフェースを少し開く

➡打ち出し方向を少し右方向にするため

打ち出し方向が左方向だとフックになる

 

②トップで一度腹筋に力を入れる

➡ためを作り

右肩が前に出すぎないようにするため

▼ためを作るXファクターストレッチ

以上の2つになります。

この方法は

大きくスイングを

変えるわけではないので

大崩れは防げると思います。

 

現在、スライスボールに

悩んでいる人は

ティーアップして練習すると

ボールが捉まる感触が

つかみやすいと思います。

 

皆さんの

更なるレベルアップのための

一つの参考にして頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。