『砲台グリーン』と『2,3段グリーン』の共通の対策とは!?

確実にスコアを落とすグリーン

ゴルフのコースでは

皆さんがスコアを落とす仕掛けがいくつもありますが

その中でも

①『砲台(ほうだい)グリーン』

②『2,3段グリーン』

と聞くと頷かれる方も多いのではないでしょうか?

今回は

スコアを落としやすい2種類のグリーンの

共通の対策を解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

① 砲台グリーン

砲台グリーンとは

フェアウェイより高い位置にある

パッティンググリーンのことを言います。

このグリーンでスコアを落としやすい点としては

☑グリーン上にボールを乗せるのが困難

☑パッティングが強いとボールが落ちる

などがあります。

②2、3段グリーン

2、3段グリーンとは

段差が2つから3つ存在している

パッティンググリーンのことを言います。

このグリーンでスコアを落としやすい点としては

☑カップインするためのラインが読みずらい

☑パッティングの力加減が分かりにくい

などになります。

①②の共通の対策

①②に共通する対策としては

グリーン上にボールを乗せるアプローチの時点で

できるだけピン側にピタッ!!と

止まるショットが打てると理想的です。

そのためには

『ロブショット』を打てるようになると

グリーンからボールが落ちてしまったり

パッティングを多く打ってしまう

といったことも軽減できる可能性があります。

▼『ロブショット』の方法に関してはこちら

木村 陽志
木村 陽志

皆さんもこの対策をクリアして

よりゴルフが楽しくなると思います(^^)/

トリッキーなコースにも挑戦してみましょう!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。