ゴルフスイングでしっかり【腰を回す】方法

スイング中に腰が回っていないと!?

動画の中でのスイングの違いは分かるでしょうか?

答えは

左:腰の回転×

右:腰の回転〇

が大きな違いになっています。

ゴルフスイングにおいて

ダウンスイングからインパクトまでに

腰を回す動きがとても重要になります。

なぜならば

腰の回転が不足すると

【ひっかけ】【チーピン】【フック】などのミスショットに繋がってしまうからです。

そこで今回は

ゴルフスイングの中での腰の回転を出すための

1つの方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイング中に腰を回す方法

スイング中に腰の回転不足に陥ると

フィニッシュでは

Aのように

☑クラブシャフトが首の後ろまで到達しない

☑右足裏が見えない

といった状態になります。

逆に腰の回転がしっかりできていると

フィニッシュでは

Bのように

☑クラブシャフトが首の後ろまで到達する

☑右足裏が見える

といった状態になります。

ではこの方にはどんなアドバイスを行ったでしょうか?

それはたった一つ

ダウンスイングからインパクト時に【右膝を前に出す】ことです。

これを行うことで

右膝が前方へ出る動きに連動して骨盤の右側も前方へ出るので

結果的に腰を回す動きを行ったことになります。

さらに

右足から左足への体重移動もスムーズになるので

フィニッシュでしっかりと右足裏が見える状態となります。

【ひっかけ】【チーピン】【フック】などのミスショットが多い

という人は是非この方法をお試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。