トップの高さが低くても飛ぶ理由

トップの高さがオーバーになると・・・

ゴルフスイングの中で

トップオブバックスイング

つまり

トップの高さを

気にしたことはありますか?

実はこのトップは

ダウンスイング(ボールに向かう)の始まり

なので

ここに問題があると

ミスショットの原因になってしまいます。

そこで

今回はトップの高さに着目して

スイングの解説をしたいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

トップの高さは低くても飛ぶ

この動画の中で

片山晋呉プロが解説していますが

トップが高い位置にある

アマチュアゴルファーによくみられる

クロスオーバーという形になります。

このような場合

トップの位置を高く上げても

☑ひっかけ

☑スライス

☑シャンク

などのミスショットが増えるので

結果的に飛距離は落ちてしまいます。

ゴルフスイングにおいて重要なのは

しっかりボールに当たること。

つまり

ビジネスゾーンでの

ミスを減らすことが重要になります。

逆にトップはハーフショットのつもりで行うと

余計な身体の動きを入れずにすむので

しっかりボールを捉えることができ

飛距離は伸びやすくなります。

なので

先程のような

ミスショットが多い方は

ハーフショットで

練習するところから開始して

その後に以下のような

トップの位置を調整していきましょう(^^)/

▼トップの位置を調整する方法

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。