トップで止まらない方が飛距離アップする理由

トップで止まる?止まらない?

ゴルフスイングの中で

トップに到達したときに

身体が止まる人と止まらない人がいます。

 

松山英樹プロは

トップで動作が止まる選手の

一人とも言えます。

 

しかし

以前も解説しましたが

トップで止まることで

ミスショットが減りやすくなる

という利点もあります。

▼トップで止まることの利点

では

トップで動作を止めない場合は

どうでしょうか?

そこで今回は

トップで動作を止めない場合の利点を

解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

トップで止まらないことでの利点

この動画の中で

片山晋呉プロが解説していますが

トップで動作を止めてしまうと

ヘッドスピードが落ちてしまい

飛距離ダウンしやすくなります。

 

生理学的に見ても

トップで動きを止めてしまうと

筋の伸張反射を利用できないので

ヘッドスピードは上がりにくくなります。

▼伸張反射を使った飛距離アップ法

なので

飛距離アップさせたい場合は

トップで動作を止めない方が良いでしょう。

まとめ

トップで動作を

止めた場合は

ミスショットが減るが飛距離が落ちやすい。

止めない場合は

飛距離アップしやすいがミスショットが増えやすい

といった利点と欠点があるので

ご自身が

飛距離 or ミスショット

どちらで悩んでいるかで

使い分けて頂くと良いと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。