トップしやすくなる2つの原因

トップというミスショット

トップとは

インパクトでボールの上を打ってしまい

ボールが転がってしまうミスショットのことを言います。

このトップにより

☑グリーンをオーバー

☑谷越えショットでボールが落下

☑飛距離がでない

などの不利益があります。

今回はこのトップしやすくなる2つの原因と解決策を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

トップしやすくなる2つの原因と対策

トップしやすくなる原因の1つ目は

手首のコックが維持できない

という部分になります。

手首のコックを維持できないとボールを捉えるときに

アッパーブローになりやすくなるため

トップを引き起こしやすくなります。

通常はインパクト時に

手首のコックを維持してダウンブロー気味で

(ドライバーの場合はアッパーブローでよい)

ボールを捉えることができると理想的です。

トップを予防するために

手首のコックを維持する方法を以下に載せておきます。

▼手首のコックを維持するには?

トップしやすくなる原因の2つ目は

インパクト時の身体の伸び上がりになります。

ボールを捉える瞬間に身体が伸び上がってしまうと

当然ボールの上を打ってしまうことになります。

長いクラブを使うとトップが出てしまうという人は

このように伸び上がりが出ている可能性があります。

このような場合の対策として

以下のようなインパクト時の

伸び上がりを予防するレベルスイングの練習がお勧めです。

▼レベルスイング練習

このように

トップを予防するために

☑手首のコックを維持

☑レベルスイングの獲得

でミスショットを減らし

ベストスコアを更新しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。