ゴルフスイングが安定する足指の使い方

ゴルフスイングを安定させるには

動画のスイングでは

インパクトを過ぎたあとに

左足が大きく動いてしまっているため

左足が不安定な状態になります。

インパクトで左足へ体重移動して

”左の壁”をつくるには左足でしっかり踏ん張る必要があります。

しかし

そうはいってもスイング中にそれを行うのはなかなか難しい・・・。

そこで今回は

スイングを一瞬で安定させる足指の使い方を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイングを安定させる足底腱膜

引用元:https://www.sakiuta.com/blog/massaji/121/

ゴルフスイングの安定のカギは身体の土台となる足にあります。

特に足の裏にある足底腱膜(そくていけんまく)という筋肉の腱が

足の安定に関わっています。

どういうことかというと

足が安定する状態というのはイラストのように

足底腱膜がピーンッと張った状態になっています。

足底腱膜は筋膜を介して太ももの裏やお尻、背中など

姿勢を維持する筋肉と繋がっているので

足底腱膜が張っていることで身体全体が安定します。

では

このように足底腱膜を張った状態にするにはどうしたらよいのでしょうか?

左足を踏ん張りやすくする足指の使い方

足底腱膜を安定させる方法は簡単です。

写真①のように足指を少し広げて反った状態にしましょう。

そうすることで足底腱膜が張った状態となり足から身体全体が安定します。

逆に②のように足指を曲げた状態にしてしまうと

足底腱膜は緩んでしまい身体の安定感は失われてしまいます。

では身体の安定感を実感する方法を以下に示します。

まずはこのような片足立ちを

①のように足指を開いた状態と

②のように足指を閉じた状態でそれぞれ行ってみてください。

大半の方は①の方法が片足立ちが安定すると思います。

次に誰かに後方から骨盤を掴んでもらい

地面に向かって押し下げるような負荷を加えます。

①のように足指を開いた状態と

②のように足指を閉じた状態でそれぞれ行ってみてください。

大半の方は①の場合が姿勢を維持することができ

②の場合は後方にふらつきやすくなります。

このように

足底腱膜の状態によって身体の安定性がしっかり保たれます。

ではゴルフスイングの中では

どのタイミングで足指を開けばよいのでしょうか?

ゴルフスイング中の足指の使い方

ゴルフスイングの場合

最も安定させたいのはインパクトでの左足になります。

なのでアドレスの時点からすでに左の足指だけ開いた状態にしておきます。

そのまま足指を開いたままスイングすれば

インパクトでスイングが安定して

☑ミスショット軽減

☑飛距離アップ

などが期待できます。

是非お試し頂ければと思います。

ただし

☑外反母趾

☑巻き爪

などの方は足指を痛めたり爪により

皮膚を損傷してしまう可能性があるので

痛みがある場合は無理に行わないようにしましょう。

そういった方は

インソールを使用すると

そういったリスクは少なくなります(^^)/

▼足が安定するインソール

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。