二重振り子の練習でダフりが増えた!?それを解消する~右手支点のスイング練習法~

二重振り子の練習でダフりが出やすい

ゴルフスイングにおいて

二重振り子は主役を自分ではなく

クラブに変換して

最大限の力を発揮する理論ですが

スイングの中での

習得に苦労している方も多いようです。

▼二重振り子の2つの振り子とは?

特に二重振り子の練習を

始めた初期は

ダフりやすくなる方が多く

練習をすぐにやめてしまうようです。

 

ダフりやすく

なってしまう方の多くは

二重振り子の二つ目の振り子である

手首の動きが間違っている可能性があります。

 

そこで今回は

二重振り子の練習で

ダフらなくなる練習法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

二重振り子は右手が支点

この動画の中で

解説されていますが

二重振り子は手首全体を

意識するというよりは

右手を支点にして

むしろ左手が補助的である

というような発想を持つと

二つ目の振り子も習得しやすくなります。

 

では右手を支点にするというのは

どのような方法で

理解しやすくなるのでしょうか?

右手の支点が理解しやすい練習

二重振り子の二つ目のである

右手支点としたスイングの

習得が行いやすいのは

このように右手と左手を離して

グリップすることで

スイングしたときに右手を中心に

クラブが回ってくれるので

支点(回転運動の中心)が分かりやすくなります。

 

まずは

このようなグリップで

右手を支点に

左手でハンドル操作

するように素振りしてみましょう。

 

そして

この動きに慣れてきたら

少しづつ右手と左手の

距離を近づてけいきましょう。

 

しかし

この方法でもイメージが

難しいという方は

過去の記事で紹介した

練習器具を用いると

よりこの動きが分かりやすいと思います。

▼二重振り子習得しやすい練習器具

今回ご紹介した方法を参考に

皆さんに合った

練習メニューを組み立てていきましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。