ゴルフが上達する【素振り】~ポイントは腕の使い方~

意味のある素振りで上達

ゴルフの際に素振りは

何気なく行いますが

●ショットの前の素振り

●自宅で練習としての素振り

などミスショットを減らすために

正しいスイングの動きを確認するための

手を抜けない動作の一つといえます。

 

そこで今回は

素振りの質を上げて

ショットの精度を上げるための

正しい腕の動きについて解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

正しい素振りの方法

この動画の中で解説されていますが

素振りの際のポイントとしては

以下の方法を行うと分かりやすいです。

 

方法としては

①胸の高さでスイング

②クラブヘッドの通過地点

➡クラブが正面を通過する時にクラブヘッドがグリップの上を通過するようにする

 この時クラブヘッドがグリップの下を通過してしまっている場合は

 手首のコックがほどけやすく、ダフりなどのミスショットに繋がりやすい

▼手首のコックを維持する方法

このように

素振りの際に

たった一つ意識することで

ショットの精度やミスショットの軽減を

はかれるでしょう。

 

是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。