ゴルフスイングを下半身から安定させる【お尻の動きの正解】~飛ぶ・ミスショット激減~

身体の中心(お尻)を安定させる

お尻(骨盤部)は

上半身と下半身の中間にあり

これらのつなぎ目であるため

ゴルフスイングを安定させるためには

とても重要な身体の部位の一つになります。

 

このお尻がスイング中にブレてしまうと

☑飛距離ダウン

☑ミスショットが増える

原因となってしまうため

スイングの動きの中でも

安定させておきたい部位と言えます。

 

逆に

現在のスイングで

お尻が安定していない人は

それを改善するだけで

ショットが急激に

安定する可能性も秘めています。

 

そこで今回は

ゴルフスイングを絶対的に

安定させてブレにくくする

【お尻の動きの正解】を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフのお尻の動きの正解

この動画の中で

解説されていますが

まずお尻の動きの

正解を知る前に

皆さんは不正解の

動きをしていないでしょうか?

 

以下の2つの

不正解の動きを

してしまっている方は

これが原因でゴルフが

上達できていない可能性があります。

①お尻の動きの不正解(バックスイング)

出典:https://youtu.be/9FCd3vbVd0s

一つ目の不正解は

バックスイングでの

お尻の動きになりますが

左の写真のように

明らかに

お尻の右回転が不足して

右膝が

曲がってしまっている状態になります。

 

このような状態だと

ダウンスイングの際に

上半身の回転が先行し過ぎて

カット軌道となり

☑スライスボール

☑シャンク

が出やすくなってしまいます。

②お尻の動きの不正解(ダウンスイング)

出典:https://youtu.be/9FCd3vbVd0s

一つ目の不正解は

ダウンスイングでの

お尻の動きになりますが

左の写真のように

お尻が

前方へ出過ぎてしまうと

つま先の方へ重心が移動して

煽り打ちになりやすく

☑ダフり・トップ

などのミスショットを

引き起こしやすくなります。

お尻の動きの正解を覚える

お尻の動きの

正解を理解するのに

分かりやすいトレーニング方法は

このようにキャディバックを

お尻に当てて

バックスイングでは

右のお尻が触れる

ダウンスイングでは

左のお尻が触れる

というスイング練習を行えば

お尻の位置を安定させた

正しい動きを

身体で覚えることができます。

 

この方法は

キャディバックでなくとも

自宅の壁にお尻をつけて

スイングイメージする

練習を行ってもいいでしょう。

 

皆さんも

お尻の位置を安定させて

☑飛距離アップ

☑ミスショット激減

で次のラウンドから

スコアアップしましょう(^^)/

▼トレーニング詳細

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。