ゴルフ/テキサスウェッジって何?

テキサスウェッジって何?

『テキサスウェッジ』とは

グリーンの外からパターを使用することを言います。

何故、『テキサスウェッジ』と呼ぶのかというと

アメリカのテキサス州のゴルフコースは乾燥しており

十分に芝が整備されておらず

地面が固いために

グリーン周りでのショットの際に

アプローチウェッジサンドウェッジを使用せず

『パター』を使用した方が精度がよいことから

『テキサスウェッジ』と呼ばれるようになりました。

この『テキサスウェッジ』という言葉の名付け親は

ベン・ホーガンという

テキサス州出身の名ゴルフプレイヤーと言われています。

 
スポンサーリンク

テキサスウェッジの利点

グリーン周りからのアプローチに苦労する方は

多いでしょう。

その理由としては

アプローチショットはフェース面が寝ているので

☑ダフリやすい

☑トップしやすい

といったようにミスショットのリスクがあります。

しかし

『テキサスウェッジ』では

ボールを転がすことで

大きなミスショットを回避できるという利点があります。

プロゴルファーの中でも

まずは『テキサスウェッジ』を使うことを考える

という選手もいます。

ゴルフは

成功を増やすよりも

失敗を減らすことが重要となります。

皆さんも

『テキサスウェッジ』を使う

タイミングを考えてみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。