特設ティー(TEE)からでも巻き返せる思考法

特設ティー(TEE)って?

特設ティー(TEE)とは

1打目のティーショットがOBになってしまった場合に

進行をスムーズにするために

打ち直しをせずにコース前方に

設けられたティー

つまりは

打ち直しのために設置された場所になります。

前方に設けられているために

そこからのショットは4打目となります。

OBの後に特設ティーから4打目スタート

この時点で大きな損をした!!

という気持ちになり

ミスが続くきっかけとなってしまうかもしれません。

今回は特設ティーからでも

巻き返せる思考法をお伝えしたいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

特設ティーからでも巻き返せる

この時点で考えて頂きたいのは

☑ティーショットでのOB

☑4打目スタートという不利な状況

という過去の後悔よりも

『ここからどうやったら最小限のスコアで乗り越えられるか』

という部分に集中しましょう。

この状況で考えられるのは

特設ティーからの4打目がどういう役割を果たすかということです。

例えば

Par4であればワンオンすればワンパットでボギー上がり

Par5であればツーオンすればワンパットでボギー上がり

上記がツーパットであってもダブルボギーに抑えられます。

ここで重要なのは

OBをなくすための努力ではなく

特設ティーからでもボギーで上がれるリカバリーの能力になります。

つまり

必要なリカバリー能力は

☑100~150ヤードのショットをワンオンもしくはツーオンできる技術

☑ワンパットもしくはツーパットでパッティングできる技術

この2つは練習で格段に上達するリカバリー能力と言えます。

そして

このリカバリー能力に自信が付けば

OBして特設ティーからのショットになっても

ボギーもしくはダブルボギーに抑えられる

という計算が付きます。

その場合

1打目のティーショットがOBになっても何とかなる!!

そういった余裕が生まれ

OBするのが怖くなくなるでしょう。

そうなると逆に1打目のティーショットが安定し

最終的には特設ティーにお世話になることもなくなるでしょう。

なので

そもそもプレッシャーのかかる

ドライバーなどの練習よりも

先程述べた

リカバリー能力を高める努力をしてみましょう。

上記を含めた

ラウンド1週間前に必要な練習を載せておきますので

参考にして頂ければと思います(^^)/

▼リカバリー能力を高める練習

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。