アプローチ

難しい状況でもベタピン確実なアプローチ術

難しい状況でもベタピン確実なアプローチ術

難しい状況でも楽しめる グリーンに乗らずに こぼれた場所からの アプローチショットは 大抵難しいライ(地面の状態) であることが多く 明暗を分ける 重要なポイントと言えます。   そこで今回は 難しい状況でも むしろ楽しめるようになる ベタピン確実の アプローチ術をご紹介します(^^)/ …
ラフからのアプローチでスピンをかける方法

ラフからのアプローチでスピンをかける方法

通常ラフからスピンかかりにくい グリーン周りの ラフからのアプローチの際には スピンはかかりにくく 特にグリーンが 下り傾斜だとボールは止まらず ピンまでの距離を 残しすぎてしまいます。   そこで今回は ラフでもスピンがかけれる アプローチ方法をご紹介します(^^)/   スポンサーリンク ラフか…
ピッチングウェッジ(PW)でランニングアプローチが使える理由

ピッチングウェッジ(PW)でランニングアプローチが使える理由

グリーン周りのミスを最小限に抑える グリーン周りでは 優しいライ(地面の状態) だったとしても ウェッジの扱いを間違えてしまうと トップやダフりなどの ミスを生じて バンカーに入ってしまったり 大きな損失を 抱えてしまう可能性があります。   そこで今回は グリーン周りでの 大ミスを最小限に抑えてく…
アプローチでダフり、トップしてしまうのはバックスイングのある動きが原因

アプローチでダフり、トップしてしまうのはバックスイングのある動きが原因

アプローチでダフり、トップが不安の種 グリーン周りのアプローチの 不安の種は ●ダフり ●トップ というミスショットになります。   グリーン周りでは 後続の組も迫ってくるので 少し焦ってしまい こういったミスショットが一打でもあると ミスが連発して一気にスコアを落としかねません。   そこで今回は…
湿った芝にくわれず60~80ヤードを寄せる方法

湿った芝にくわれず60~80ヤードを寄せる方法

湿った芝は噛みついてくる 雨や雨の日の翌日のゴルフでは 芝が湿っていて フェアウェイであっても クラブがくわれてしまう可能性があります。   そこで今回は 湿った地面でも ミスショットが出にくくなり アプローチ方法をご紹介します(^^)/   スポンサーリンク 湿った芝にくわれな…
アプローチでピタッと止めるスピンをかける2つの条件

アプローチでピタッと止めるスピンをかける2つの条件

アプローチでスピンをかけたい グリーン周りのアプローチでは スピンをかけられれば もう少しピン側に強気に攻められるのに! そう感じる場面ってありますよね。   特に砲台グリーンでは 何度もグリーンからボールが落ちて スコアを大きく落としかねません。   そこで今回は アプローチでピタッと止めるスピン…
スイートスポットのみ捉えるミート率アップ練習【スイートスポットディスク】

スイートスポットのみ捉えるミート率アップ練習【スイートスポットディスク】

アプローチで重要なスイートスポット 引用元:Amazon.co.jp スイートスポットとは いわゆるクラブフェースの真芯のことをさしますが ウェッジやアイアンでショットする場合は フェース面の一番下とボールの一番下の部分の 高さが一致した状態でインパクトを向かえることが スイートスポットで しっかり…
アプローチで失敗しない【ゴルフ上級者】の工夫

アプローチで失敗しない【ゴルフ上級者】の工夫

ゴルフ上級者ほどアプローチが上手い ゴルフ上級者の方と ラウンドすると 共通して上手さが際立っているのが アプローチになります。   アプローチは 一定したスイングを行うだけでなく 状況に合わせた適切な打ち方を 使い分ける必要があります。 そのため熟練された技術と 状況や環境を把握する能力が求められ…
アプローチで確実にピンに寄せる3原則

アプローチで確実にピンに寄せる3原則

残り30~50ヤードの罠 ラウンド中多いのが 残り30~50ヤードのシチュエーションです。   しかし 意外と難しいのが この距離のアプローチになります。   トップによるオーバーや ダフリによる1打損失など ほんの少しのミスが大きな損失となりかねません。   そこで今回は この距離のアプローチを …