ゴルフ/『バックスイング』と『ダウンスイング』のスイング軌道は違う?

木村 陽志
木村 陽志

皆さんはスイングの意識をする際に
『バックスイング』『ダウンスイング』スイング軌道の違いを意識したことはありますか?

『バックスイング』と『ダウンスイング』のスイング軌道は違う?

結論から言うと

『バックスイング』『ダウンスイング』のスイング軌道は異なります。

では

どのような違いがあるのでしょうか?

以下の図は

実際のスイング軌道をあらわしています。

引用元:Improving performance in golf: current research and
implications from a clinical perspective

簡単に説明すると

『バックスイング』では大きなスイング軌道となり

『ダウンスイング』ではそれよりも小さなスイング軌道となります。

つまり

ダウンスイングの際には近道していることになります。

では

なぜこのようなスイング軌道の差が生じるのでしょうか?

その理由は『ダウンスイング』

① コックを維持することでダウンブローとなる

② シャローイングにより横振りとなる

ということになりますが

これだけでは分かりにくいと思いますので

もう少し

分かりやすく説明していきます。

 
スポンサーリンク

① コックを維持することでダウンブローとなる

1つ目は手首のコック(左手橈屈)を維持することで

スイング軌道が『バックスイング』よりも直線的になりやすくなります。

しかし

コックが維持できていない場合は

以下の写真のように

手首がほどけて(左手尺屈)

『ダウンスイング』のスイング軌道は

『バックスイング』のときのように大きくなります。

これが

『ダフリ』『トップ』のようなミスショットの原因になります。

② シャローイングにより横振りとなる

2つ目になりますが

『ダウンスイング』ではクラブを寝かせたまま下ろす

『シャローイング』という動きによって

やや横振りのスイングになります。

『バックスイング』は縦振りに近いので

横振りに近い『ダウンスイング』では正面から見ると

スイング軌道が小さく振ったように見えます。

まとめ

『バックスイング』『ダウンスイング』

スイング軌道は違う。

『バックスイング』は大きいスイング軌道となり

『ダウンスイング』は小さいスイング軌道となる。

『バックスイング』が大きくなる理由は

スイングが縦振りになるから。

『ダウンスイング』が小さくなる理由は

①手首のコック

②シャローイング

によりスイングが横振りとなり近道を通る形になるから。

木村 陽志
木村 陽志

『ダウンスイング』『バックスイング』よりも小さくならないと『ダフリ』『トップ』は解消できないので
①手首のコック
②シャローイング
は意識しておきたいポイントですね(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください