スイング(クラブヘッド)が走る!!3つのポイント

飛ばない、ヘッドが走らない

ゴルフの練習を頑張っていても

飛距離が全然伸びず

むしろ、力みばかり増してしまい

逆にパフォーマンスが落ちてしまう(>_<)

そんなご経験はないでしょうか?

 

飛距離を出すためには

スイング(クラブヘッド)を走らせる必要があり

それには

●クラブの動き

●身体の動き(回転)

をバランスよく行う必要があります。

 

しかし

これだけ聞くと

何か難しい技術が必要に思えます。

 

そこで今回は

スイング(クラブヘッド)を走らせる

とっても簡単な3つのポイントを解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイングを走らせる3つのポイント

この動画の中で解説されていますが

クラブヘッドを走らせて

飛距離アップするには

①テイクバック(右腰までクラブを上げる動き)では

 クラブシャフトを地面と平行にする

 

②テイクバックからトップは上半身を回転させる

 

③トップからダウンスイングでは左足に体重をのせて

 お腹を回転させる

 

以上の3つになります。

 

この中でも特に

左足に体重をのせるイメージが難しいので

その辺りは

過去の記事を参考にして頂ければと思います(^^)/

▼ゴルフスイング中の体重移動

今回の3つのポイントを押さえて

次のラウンドからの

飛距離アップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。