手元低くしてダフり・トップなどのミスショットが消失させる方法

手元浮いてませんか?

ゴルフスイングの

ダウンスイングから

インパクトの間に

手元が浮いてしまうと

ダフり、トップなどが

増えさらにライ(地面の状態)が

悪いとさらに

状況が悪化します。

 

つまり

ゴルフラウンド中の

様々な状況下での

ショットに対応するためには

スイングを

安定させる必要があります。

 

そこで今回は

スイングを安定させる

一つの要素である

手元を低く保つ方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

手元を低く保つ方法

この動画の中で

解説していますが

ダウンスイングからインパクトの間で

手元が浮かずに

低く維持するためには

①溜め

②身体の回転の

2つを同時に行う必要があります。

 

これを同時に行うには

ダウンスイングで

クラブシャフトが落ちる前から

腰の切り返しを

しておく必要があります。

この①溜め②身体の回転

同時に行う練習としては

まず

アプローチ練習を

行うことがお勧めです。

▼身体を回すアプローチ練習

また

溜めをつくる

スイング練習としては

ゴムチューブを使用した

スイング練習がお勧めです。

▼ゴムチューブが練習

動画の内容は

少し難易度が高めですが

このように

少し段階を落としたところから

練習を始めれば

習得しやすくなります。

 

皆さんも

ダフリやトップ改善して

さらなる

レベルアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。