アプローチは初動で【ダフり、トップ(ミス)】が激減する~振り遅れ防止法~

アプローチは初動で決まる

皆さんは

アプローチ練習で

距離感の練習だけで

満足していないでしょうか?

 

練習では

上手くいくのに

ラウンドの際のグリーン周りの

アプローチがボロボロという方は

アプローチのコツが

つかめていない可能性があります。

 

距離感を

合わせることも重要ですが

ミスをしたら

全て水の泡になるので

まずはインパクトの精度を

向上させることが

優先される必要があります。

 

そこで今回はアプローチで

ミス(ダフり、トップ)しなくなる

初動の動きについて解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

アプローチのミスが減る初動の動き

この動画の中で

片山晋呉プロが

解説していますが

アプローチのインパクト

(ボールを捉える瞬間)の

精度を高めるには

スイングの初動である

テイクバックがとても重要になります。

 

ミスをしやすい

テイクバックの特徴としては

出典:https://youtu.be/BgBv0wqfmdI

このように

手が先に動いてしまう場合です。

この場合

手が先に動くと

力学上ヘッドが遅れてしまうので

この関係のままインパクトに至ると

アッパーブローになって

ダフり、トップなどのミスを

引き起こす可能性が高くなってしまいます。

 

それを防止するための

正しい動きとしては

出典:https://youtu.be/BgBv0wqfmdI

このように

クラブのヘッド部分から先に

テイクバックすることになります。

 

クラブヘッドと手が

このような関係のまま

スイングすると

今度は手が先に動きやすくなり

ハンドファースト

(ややダウンブロー)の状態で

ボールを捉えられるようになり

アプローチの

当たり(精度)が格段に向上します。

 

アプローチの

苦手意識がある方は

ラウンド直前の練習で

この動きを試して

是非ラウンドで実践してみてください。

 

自分自身も

このイメージで

アプローチ精度が

格段に良くなりましたので

試す価値はあると思います(^^)/

▼アプローチ①

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。