オリラジ藤森慎吾さんのゴルフスイングを分析

カジサックに負けた理由

オリラジ藤森さんとカジサックさんが

ゴルフの9ホールでガチンコ対決をした結果

残念ながらオリラジ藤森さんが負けてしまいました。

▼両者のガチンコゴルフ対決前編

▼両者のガチンコゴルフ対決後編

今回は

藤森さんのスイングを分析することで

その敗因であるミスショットの原因を解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

藤森さんの敗因は2種類のミスショット

この動画の中で解説していますが

主に敗因となったミスショットは

①シャンク

②ダフリ

の2つが原因となります。

これらのミスショットについてもう少し詳しく解説します(^^)/

①シャンク

シャンクは

クラブフェースのネック(ヒール)にボールが当たってしまい

打ち出し方向が極端に右方向になってしまうミスショットのことを言います。

シャンクの主な原因はスイング軌道が問題で生じます。

▼シャンクの詳細解説

②ダフリ

ダフリは

ボールを捉える前にクラブが地面に接触してしまう

ミスショットのことを言います。

このダフリの原因は

主に手首のコックが維持できないことが問題で生じます。

▼ダフリの詳細解説

またこのダフリは地面にクラブを叩きつける動作なので

地面からの外力が加わり

以下の2つの関節を痛める可能性があります。

» 肘の傷害(ゴルフ肘)

» 手首の傷害(腱鞘炎)

ダフリを予防することで

これらの傷害を防ぐことができます。

まとめ

オリラジの藤森慎吾さんのゴルフスイングを分析し

カジサックさんに負けた要因は

①シャンク

②ダフリ

の2種類のミスショットが問題だと考えられます。

①はスイング軌道を改善し

②はダウンスイングでの手首のコックを維持できるようにしましょう。

次はカジサックさんに勝てることを祈っております(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。