ゴルフ/『ダフリ』『トップ』でお悩みの方のスイング解析

お悩み

『ダフリ』『トップ』が多い

スイングの問題点

①高すぎるトップ

②左右のスウェイ

スイング動画

スイング解析結果

【アドレス】

①:

骨盤の前傾(前に倒れる)角度はややきつくなっていますが

背中がしっかり伸びています。

また

手とお腹の距離(拳一つ)も理想的です。

治す箇所としては

身長が高いため

膝を少し曲げることで前傾角度が減り

もう少し状態が起きてくるでしょう。

前傾角度がきつすぎる場合は腰を痛める可能性があります。

アドレスの基本姿勢はこちら⇩⇩⇩⇩⇩

【トップ】

②:

トップの位置は スイングプレーン(黄色線)上にあり

よい位置にあると思われます。

③:

しかし

前面からの評価では

トップの位置が高すぎるため

腰が右へスウェイしています。

意識としてはハーフショットのつもりでスイングするとちょうどよい高さになるでしょう。

スウェイについてはこちら⇩⇩⇩⇩⇩

【フォロースルー】

④:

ボールを注視し過ぎてしまい

頭部から頚部の動きが抑制されて

身体の回転不足となり

骨盤が左側へスウェイしてしまっています。

インパクトからフォロースルーにかけては

身体の回転左脚の壁がとても重要です。

【フィニッシュ】

⑤:

身体が過度に右に倒れており

この姿勢でインパクトからフィニッシュを向かえると

右の腰を痛める可能性があるので注意が必要です。

もう少し身体の状態が起きるためには

『アドレスで、もう少し両膝を曲げる』

『身長に合わせてもう少しクラブを長くする』

ことがオススメです。

また

しっかりと足裏がこちらを向いていないのがわかります。

これはインパクトの際に

『ボールを注視しすぎて身体の回転不足となっている』

『スウェイにより体重が右足に残る』

ことが要因と思われます。

太田 浩貴
太田 浩貴

身体の柔軟性は高く、大きく振れてしまうだけに『スウェイ』が強調され『ダフリ』『トップ』が増えてしまったのでしょう。トップの高さをおさえるだけでミート率は向上すると思います。しかし、トップの位置をおさえるだけでは飛距離は若干落ちてしまいます。スウェイを抑制しつつ、トップの位置をおさえても飛距離が落ちない練習法を以下にご紹介しておきますので、参考にしてみてください。

ゴルフの飛距離アップ練習

太田 浩貴
太田 浩貴

あなたはどんなスイングをしていますか?
ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること
そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。
Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが
無料で解析・解説致します。
スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください