ゴルフ/『なぜ飛距離が出ない?』とお悩みの方をスイング解析

お悩み

『飛距離が伸びない』

スイングの問題点

①下半身の動き(骨盤の回転)が少ない

②ボールを見すぎてしまう

【スイング動画】左Before➡右After

木村 陽志
木村 陽志

『スイングの問題点』『改善点』をもう少し詳しく解説していきますね(^^)/

スイング解析結果

【アドレス】

①:

やや骨盤の前傾(前に倒れる)角度が不足しているために

背中が少し丸くなってしまっています。

この姿勢でスイングすると身体の回転不足となりやすく

飛距離が出にくくなります。

さらに、

手とお腹の距離が離れすぎているために

手と腰の動きが連動しにくくなります。

手と腰はコブシ一つ分の距離が理想的です。

②:

前方からの姿勢は右腰部への意識が強く

身体の右への傾きが強調されすぎています。

これはインパクトの際の腰痛となりやすくなります。

さらに

右足のつま先がやや外を向いています。

これはインパクトの際の脚の動きを抑制してしまいますので

インパクト時に右膝を前へ向ける意識をしましょう。

【バックスイングからトップ】

④:

バックスイングは赤線から上がってきており

ややインサイドからのバックスイングとなっています。

通常は黄線に近づくようにアウトサイドから上がるのが理想的となります。

⑤⑥:

トップの位置は良いのですが

写真⑥のように前方から確認すると左肘が曲がってしまっています。

これは肩関節、股関節の固さがあり

身体全体の回転が少なくなっていることが要因だと考えられます。

スポンサーリンク

【インパクトからフィニッシュ】

⑦:

インパクトからフォロースルーにかけては右足が離れておらず

下半身の動きが少ないようです。

⑧:

また

インパクト以降もボールを見すぎているために

身体の回転が失われやすくなります。

⑨:

フィニッシュは身体の回転不足から、右足の裏が完全にはこちらを向いていません。

⑩:

インパクト時に右膝を前方に押し出すイメージをしてからは

右足の裏がしっかり見えて

理想的なフィニッシュをむかえられるようになっています。

木村 陽志
木村 陽志

ミート率は比較的よいですが、スイング全体でみると下半身の回転が少ない印象です。下半身主動のスイングができれば現在よりも飛距離はアップします。特に右手を意識したスイング練習で下半身の動きが出やすくなります。以下に練習法を上げておきますので参考にしてみてください。

右手を意識したスイング練習

あなたはどんなスイングをしていますか?

ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること、

そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。

Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクター

無料で解析・解説致します。

スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

 

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください