ゴルフ/『フィニッシュ』が決まらない方のスイング分析

木村 陽志
木村 陽志

今回もセミナーに参加して頂いた方のスイングを分析していきたいと思います(^^)/
まずはスイング分析の動画からご覧ください。

【動画】スイング分析(約9分)

スイングの問題点

① アドレスでの骨盤の前傾(前に倒れる)角度の不足

② トップでのクロスオーバー

» クロスオーバーって?

③ ダウンスイングで手首のコックが維持できていない

④ インパクト以降もボールを注視している

» アドレス、トップ、ダウンスイング、インパクトって?

木村 陽志
木村 陽志

では、ここからそれぞれの問題点の解決策を解説していきます(^^)/

① アドレスでの骨盤の前傾角度の不足

アドレスでは

左写真のように骨盤の前傾角度の不足により背中が丸くなっています。

骨盤の前傾角度が不足すると

右写真のように手とお腹の距離が離れてしまいます。

この状態でスイングすると

『手打ち』スイングになりやすくなり

飛距離ダウンの原因になってしまっているかもしれません。

▼『手打ち』スイングに関してはこちら

 
スポンサーリンク

② トップでのクロスオーバー

トップでは

クラブヘッドが頭の方へ出てきてしまう

クロスオーバーが目立ちます。

このクロスオーバーを引き起こしている原因は

主にバックスイングでの骨盤の右回旋(回転)が

過剰になっているからだと考えられます。

この骨盤の右回旋を抑えるにはバックスイングの際に

手をアウトサイドから上げていくことが効果的です。

▼バックスイングのアウトサイドからの上げ方

③ ダウンスイングで手首のコックが維持できていない

ダンスイングでは

手が右腰のあたりに到達したときは

通常、緑線のようにクラブが立った状態となります。

これが手首のコック(左手関節の橈屈)が維持できた状態です。

しかし

実際には赤線のようにクラブは

寝た状態となってしまっているため

コックが維持できていない状態といえます。

この状態だと『ダフリ』『トップ』などのミスショットが

» ダフリ、トップとは?

増えてしまうのでコックを維持する練習をご紹介しておきます。

▼コックを意識した練習

④ インパクト以降もボールを注視している

最後に

インパクトを過ぎたフォロースルーの時期に入っても

ボールを置いていた場所を注視してしまっています。

それにより

身体の回転不足となってしまい

フィニッシュでは

クラブが頭の後ろ側まで到達していません。

この状態だと

身体の回転不足となり

飛距離がダウンしてしまうので

インパクト以降はすぐに頭を目標方法に向けましょう。

木村 陽志
木村 陽志

最後にまとめると
スイングの問題点は
① アドレスでの骨盤の前傾(前に倒れる)角度の不足
② トップでのクロスオーバー
③ ダウンスイングで手首のコックが維持できていない
④ インパクト以降もボールを注視している
飛距離ダウンには①④が
ミスショットには②③が関係しています。
これらを改善してさらなるレベルアップを目指しましょう(^^)/

皆さんもご自身のスイングを客観的に見ることで

次のレベルに進むことができると思います。

以下の記事を参考に

まずはご自身でスイング分析してみましょう(^^)/

しかし

ご自身でスイング分析するだけでは『不安がある』という場合は

私が無料で皆さんの動画をスイング解析していますので

お気軽にご相談ください(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。