ゴルフ/ドライバーだけミスショットが出る方のスイングを分析

木村 陽志
木村 陽志

今回もセミナーに参加して頂いた方のスイングを解説していきたいと思います(^^)/

お悩み

☑ ドライバーだけ『ひっかけ(+フック)』が出る

» 『ひっかけ』『フック』とは?

木村 陽志
木村 陽志

ドライバーだけ『ひっかけ(+フック)』が出る理由を
以下の動画の中で解説しています。

【動画】スイングの解説

木村 陽志
木村 陽志

動画で解説している問題点をまとめると
以下のようになります。

問題点

ドライバーだけ『ひっかけ(+フック)』が出る理由

①インパクトで強調された手首のローテーション

その他の問題点として

» インパクトとは?

アドレスの際の腕の位置が前に出てしまう理由

②骨盤の前傾(前に倒れる)角度が不足している

あとは

今後怪我に繋がりそうな部分として

右膝を痛めてしまう可能性がある理由

③右足のつま先が開いたままのスタンス

» スタンスとは?

木村 陽志
木村 陽志

ここから上記の問題点の解決策を
解説していきます(^^)/

①インパクトで強調された手首のローテーション

ドライバーだけ『ひっかけ(+フック)』が出てしまう理由は

このインパクトで強調された手首のローテーションになります。

手首のローテーションとはフェース面を切り返す動きのことで

これを強調すると

この上から見たスイング軌道の半円が小さくなってしまいます。

そのため

特にヘッドの重さがあるウッド系のクラブでは

ボールのフック回転が強調されやすくなります。

そのためドライバーの場合は

『ひっかけ』のようになってしまうと考えられます。

ドライバーの場合はできるだけ

手首のローテーションを抑えて

フォロースルーまで

フェース面をできるだけ一定に保ちましょう。

以下の記事も参考にしてみてください。

▼アイアンとウッドの打ち方の違い

 
スポンサーリンク

②骨盤の前傾角度が不足している

アドレスの際に

骨盤の前傾角度が不足しているため

手とグリップエンドの位置が離れすぎています。

 

この腕の位置のままスイングすると

手打ちになりやすいのと

ハンドアップ=尺屈(手首を小指側に曲げる動き)が強調されてしまいます。

このような状態で『ダフリ』などのミスショットをしてしまうと

手首の『腱鞘炎』になってしまう可能性があるので注意が必要です。

▼手首の『腱鞘炎』を引き起こすアドレス

③右足のつま先が開いたままのスタンス

最後に

右足のつま先が開いたままのスタンスについてです。

この状態でスイングを続けると

右膝関節の靭帯に負担がかかり

靭帯損傷を引き起こして

痛みを生じる可能性があります。

この辺りのメカニズムは過去の記事で解説しましたので

▼こちらをご覧ください

木村 陽志
木村 陽志

今回のスイング分析は以上となりますが

皆さんもご自身のスイングを客観的に見ることで

次のレベルに進むことができると思います。

以下の記事を参考に

まずはご自身でスイング分析してみましょう(^^)/

▼スイング分析 完全マニュアル

しかし

ご自身でスイング分析するだけでは『不安がある』という場合は

私が無料で皆さんの動画をスイング解析していますので

お気軽にご相談ください(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください