ゴルフ/『スライスボール』でお悩みの方のスイング解析

お悩み

『スライスボールが多い』

スイングの問題点

①アドレス時の骨盤前傾(前に倒れる)角度が不足している

②インパクト時の骨盤(下半身)の回転不足➡それに伴うスウェイ

③ダウンスイングからスライスになりやすいアウトサイドインのスイング軌道

スイング動画

太田 浩貴
太田 浩貴

ここからもう少し詳しくスイングの解説をしていきますね(^^)/

スイング解析結果

【アドレス】

骨盤の前傾(前に倒れる)角度が不足しているため背中が丸くなっています。

これによって股関節の動きが制限され

下半身(骨盤)回転が不足し

スウェイが出やすくなります。

【トップ】

トップの位置は スイングプレーン(黄色線)上にあり

正しい軌道に位置しています。

しかし

左肩関節の可動性が低いために左肘が曲がってしまっています。

さらに

トップを現在の位置まで上げるのに

骨盤を右足の方向に移動するスウェイ(右写真)がみられ

骨盤に引っ張られた左足が地面から離れて左膝が内側に入ってきています。

全体的に身体の柔軟性の問題はありそうです。

【インパクト】

アドレスとほぼ同じ姿勢になっています。

しかし

実際にはアドレスの姿勢とインパクトの姿勢は異なります。

インパクトの際はもう少し骨盤が左に回転

それに伴って右の踵が地面から離れていることが理想的です。

さらに

インパクトの瞬間に黄線をクラブが通過していますが

7番アイアンであれば黄線赤線の間を通過するとインサイドからインパクトをむかえられるため

ドロー系のボールが増えてスライスボールは減るでしょう。

アドレスとインパクト時の姿勢の違いを示した動画⇩⇩⇩⇩⇩

フォロースルー

インパクトでの骨盤の回転不足によって

左方へのスウェイ(突っ込み気味)が出ています。

練習場の地面が右肩さがりということもありますが

スウェイで骨盤が前方へ移動した分

フィニッシュで右足に体重が残ってしまっています。

 

気になるワード⇩⇩⇩⇩⇩

太田 浩貴
太田 浩貴

【コメント】
『スライス』の原因としては、
①アドレスで骨盤前傾角度が不足していることによる、インパクト時の下半身の回転不足
②ダウンスイングからフォロースルーにかけてのアウトサイドインのカット軌道
主にこの2つです。
身体的には股関節の固さによるスウェイ骨盤の回転不足が気になります。
上記を踏まえて、以下に下半身の動きを出す練習スウェイを減らす股関節柔軟トレーニングをご紹介しておきますので参考にしてみてください。

下半身の動きを出す練習

ウェイを減らす股関節柔軟トレーニング

太田 浩貴
太田 浩貴

皆さんはどんなスイングをしていますか?
ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること
そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。
Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが
無料で解析・解説致します。
スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください