ゴルフ/『シャンクする』でお悩みの方スイング解析

お悩み

『シャンクする』

スイングの問題点

①アドレス時に骨盤が前に倒れる角度が不足している

②ボールを注視しすぎている

スイング動画

木村 陽志
木村 陽志

ここからもう少し詳しくスイングの解説をしていきますね(^^)/

スイング解析結果

【アドレス】

①:

骨盤の前傾(倒れる)角度が足りていないため

背中が丸くなっています。

股関節を曲げて

骨盤をもう少し前に倒すことで

背中はしっかり伸びるでしょう。

気になるワード⇩⇩⇩⇩⇩

【トップからダウンスイング】

②:

トップの位置はやや高いですが

スイングプレーン(黄線)上にのっているので非常に良いです。

上半身の柔軟性が高いのでバックスイングの意識としてはハーフスイングくらいのつもりでよいでしょう。

③:

ダウンスイングの方向も

シャフトプレーン(赤線)に近づいてからインパクトに向かっているので全体的には正しいスイング軌道にのることができていると思います。

気になるワード⇩⇩⇩⇩⇩

【インパクトからフィニッシュ】

④:

インパクトの際にボールを注視しすぎて

インパクト後も目線が下を向いており

頭部から身体の回転が抑制されてしまっています。

インパクト後に飛球の方向性をすぐ目で追うくらいの意識が必要と思われます。

⑤:

上記で説明したように

身体の回転が足りていないためにフィニッシュで右の足裏が完全に地面から離れていません。

通常フィニッシュ時には足裏がすべて見られる状態となります。

木村 陽志
木村 陽志

【コメント】
スイング軌道はインサイドアウトの理想的な軌道ですが、アドレス時に ”骨盤が前に倒れる角度” が不足しているため縦ぶりが強調されてクラブの先端がボールの内側に当たってしまい 『シャンク(本来はネックに当たるため筆者はシャンク擬きと呼んでいる) を招いてしまっているようです。あとは、スイング時の下半身の動きが少ないようなので ”下半身の動きを出す練習”と ”骨盤の位置を安定させる練習” の動画をアップしておきますので参考にしてみてください。
『シャンク』を予防するにはインパクトでしっかりボールを捉えられることが重要です。そのためには以下に体幹や骨盤などの身体の中心部分を安定させた状態でスイングできるかが重要となります。

下半身の動きを出す練習

骨盤の位置を安定させる練習

木村 陽志
木村 陽志

あなたはどんなスイングをしていますか?
ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること
そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。
Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが
無料で解析・解説致します。
スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください