ゴルフ/『ミート率が悪い』方のスイング解析

お悩み

『ミート率が悪い』

スイングの問題点

①アドレス時の骨盤の前傾(前に倒れる)角度が不足している

②手首の動きが大きすぎる

スイング動画

木村 陽志
木村 陽志

ここからもう少し詳しくスイングの解説をしていきますね(^^)/

スイング解析結果

【アドレス】

①:

骨盤の前傾(前に倒れる)角度が足りていないため

頭が前に出て、膝が曲がりすぎています。

さらに

手とお腹の距離が離れすぎているため

この時点で若干ハンドアップ気味になっています。

この状態では手首の腱を痛めやすくなります。

気になるワード⇩⇩⇩⇩⇩

【トップ】

②:

トップの際に

左手首の関節が手の平側に曲がりすぎています。

そのためクラブフェースが天井を向いてしまっています。

③:

通常はトップで左手首の関節は少し親指方向(コック)に誘導され

フェースはこちら(カメラ)の方向をむきます。

トップの高さはよいのですが

左肘が少し曲がってしまっているために手打ちになりやすかったり

コックがほどけやすく『ダフリ』が増える可能性があります。

【インパクトからフィニッシュ】

④:

インパクトの際に

赤線(シャフトプレーン)をクラブが通過しており

インサイドからのスイング軌道になっています。

そのためシャフトの先端にボールが当たり

シャンク(飛球が右方向へ飛ぶ)が出ています。

通常は7番アイアンでは赤線黄線(シャフトプレーン)の中間を通過します。

そうすると、比較的フェイスの芯をとらえることができるでしょう。

 

⑤:

骨盤前傾(前に倒れる)角度が少なく

股関節の動きが制限されてしまいます。

それにより骨盤の回転が少なくなり

インパクトを過ぎても右踵が離れていないので

下半身の動きが不足してしまっているようです。

グリップとアドレスを調整することで解決するでしょう。

 

気になるワード⇩⇩⇩⇩⇩

木村 陽志
木村 陽志

スイングの一連の流れは良いのですが
『なぜボールに上手く当たらないのか?』という疑問が浮かぶと思います。
基本的なアドレス姿勢グリップを調整すれば ”ミート率” は改善しそうです。
また、『ミート率』を直接改善するためのスイング練習動画をご紹介しておきますので参考にしてみてください(^^)/

木村 陽志
木村 陽志

あなたはどんなスイングをしていますか?
ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること
そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。
Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが
無料で解析・解説致します。
スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください