ゴルフ/『ボールに当たらない』がお悩みの方のスイング解析

お悩み

『ボールに当たらない』

スイングの問題点

①骨盤の前傾(前に倒れる角度)が不足している

②スイング時に身体が上下に動いてしまう

スイング動画

木村 陽志
木村 陽志

ここからさらに詳しくスイングの解説をしていきますね(^^)/

スイング解析結果

【アドレス】

骨盤の前傾(前に倒れる)角度が足りていないため

背中が丸くなっています。

骨盤の前傾角度が不足すると

股関節の靭帯が伸ばされて動きが少なくなってしまいます。

そのため

スイング時の骨盤の回転が不足してしまい

手打ちになりやすくなります。

気になるワード⇩⇩⇩⇩⇩

【トップ】

左写真ではトップの位置が高すぎます。

そのため左肘も曲がってしまっています。

意識としては右写真のようにハーフショット(9時までのトップ)を心がけましょう。

【インパクトからフィニッシュ】

インパクトからフィニッシュまでは

まさに理想的なスイング軌道で

ダウンスイング時のコックを維持できており

インパクト時にはしっかりと右踵が離れてきています。

最終的に空振りになってしまっていますが

骨盤前傾角度を維持できれば

トッププロに近いスイングを獲得できるでしょう。

木村 陽志
木村 陽志

【コメント】
アドレスの際に、骨盤が倒れる角度が不足しているために背中が丸くなり、重心がお尻の方に逃げてしまっています。そのために、インパクトの際にクラブヘッドがボールから離れてしまっています。骨盤の位置を一定に保ちながらスイングを行う練習をご紹介しておきますので参考にしてみてください。

骨盤の位置を安定させるスイング練習

木村 陽志
木村 陽志

あなたはどんなスイングをしていますか?
ゴルフが上達するには自分のスイングを知ること
そのうえで自分に合った練習を積み重ねることが重要です。
Looks funはあなたのスイング動画を専属のインストラクターが
無料で解析・解説致します。
スイング解析をご希望の方はお気軽にご相談ください。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください