アプローチで【ベタピン】できるようになった2つの方法を明かします!!

アプローチでいいリズムになる

皆さんは今年のゴルフで

一番成長した部分は何でしょうか?

僕自身が一番伸びたと

感じるのはアプローチの精度でした。

 

ワンパット圏内に

寄せられたり

チップインしたり

スコアを安定させる強い武器となりました。

 

そしてアプローチが調子いいと

グリーン周りで自信を持てるので

例えグリーンからこぼれても

いいリズムで

プレーに集中することができます。

 

そこで今回は

今年のアプローチの精度の向上の

助けとなった2つの記事をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

アプローチが上達した2つの方法

僕自身の

アプローチ精度に

貢献してくれた方法は

①58度の3種類の使い分け

▼▼▼

①突っつき

②ピッチエンドラン

③ハーフロブ

この記事の中で

58度を使った3種類の打ち分けを

マスターしたことで

様々な場面で応用することができ

怖がらずに

アプローチができるようになりました。

この記事の中では

それぞれの場面で①~③を

どう使い分けるかまで

解説されているので

皆さんの

アプローチ技術向上にも役立つと思います。

 

②ピタッと止めるアプローチ

▼▼▼

この方法は僕の師匠の遠藤さんに

アドバイス頂いた方法なのですが

シンプルな方法なのにミスが減り

また砲台グリーンなど

ボールが転がり落ちてしまう

リスクがある場面で非常に役に立ちます。

 

皆さんも難しい技術を学ぶよりも

シンプルで

すぐに実践で使える技術を学んで

次のラウンドから生まれまわりましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。