スライス、フック直さずラウンドで結果を出すマネージメント

悪い癖はそう簡単に直らない

スライスやフックなどの

方向性に悪影響のある

ミスショットで悩んでいて

それを無理に直そうとしたり

ラウンド中に修正しようとすると

逆球が出る場合があり

狙いどころが定まらなくなり

スコアを大きく落としかねません。

 

そこで今回は

スライスやフックを

あえて自分の持ち球と考えて

ラウンドする戦略では

スコアは安定するのか?

という検証動画をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

持ち球を活かしたコース戦略

この動画の中では

ドローボールを

持ち球とした場合の

コース戦略が

紹介されていますが

重要なのは

まっすぐ飛ばそうとすることに

こだわり過ぎない

ということになります。

 

まっすぐ飛ばすことに

こだわり過ぎると

スライス、フックどちらの方向にも

ミスが出る可能性があるので

ご自身がどちらに曲がりやすいのか?

ということを

把握して

その球を

持ち球と考えれば

危険ゾーンの回避など

戦略が一定してきます。

 

僕自身もひっかけ、フック癖があり

一度ライザップゴルフの体験レッスン

修正して頂いたのですが

その後練習頻度が少なくなると

どうしても

この悪い癖が出てしまいます。

 

特にティーショットの際は

ティーグラウンドの

立ち位置が重要になりますので

持ち球に合わせて

立ち位置を変えてみましょう。

▼立ち位置でミスを最小限にする

ドライバーショットの

ほぼ全ショットが

ひっかけ、フックだった

酷いラウンドでも

こういった持ち球として

使っていけば

何とかなるものです。

 

過去のラウンドでも

ドライバーショットの

OBはありませんでした。

▼ドライバーが捉まり過ぎたラウンド

このように

すぐには直らない癖を

受け入れて

まずはご自身の持ち球で

ご自身に合った

戦略を立てましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。