ゴルフスイングの始まりテイクバックを分割してショットを安定させる方法

テイクバック(バックスイング)はスイングの始まり

テイクバック(バックスイング)は

ゴルフスイングの始まりなので

ここで大きな間違いを

犯してしまうと

その後の

スイングフェイズにも

悪い影響が出てしまいます。

 

そこで今回は

スイングの始まり

テイクバックの正しい動きを

理解するための

分割練習法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

テイクバック分割練習法

この動画の中で

三浦桃香プロが解説していますが

テイクバックは

主に2分割でチェックを行います。

【Point①】シャフトが隠れるようにバックスイング

1つ目のポイントは

テイクバックでは

ヘッドとシャフトが一直線になり

シャフトが隠れて

見えないような形をつくります。

 

ここでフェース面が開いて

すぐに天井を向いてしまうと

ダウンスイングで

カット軌道になり

スライスが出やすくなります。

▼バックスイングの注意点

【Point②】トップで左親指にクラブを乗せる

2つ目のポイントは

トップで

左親指にクラブを乗せて

重みを感じるということになります。

 

トップがオーバーとなり

右手の親指まで

クラブの重さが伝わってしまうと

ダウンスイングで

カット軌道となり

スライスが

出やすくなるので注意が必要です。

 

バックスイングの

トップの位置はいつもは

見えていないので

どうしても

オーバー気味になってしまう

という方は

まずは目で見て

トップの位置を確認しましょう。

▼目で見てトップの位置を確認

以上を参考に

調子が悪い時などに

スイングの始まりである

テイクバック(バックスイング)を確認して

次のラウンドから

すぐに復活できるようにしましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。