腰椎固定術後にゴルフへ復帰できるのか?

腰椎(脊椎)固定術とは?

固定術の一例 椎体間固定術を示す背骨の断面図(イラスト/今崎和広)

腰椎(脊椎)固定術とは

腰部脊柱管狭窄症などで

問題のある脊椎部分を安定させるために

行われる手術になります。

腰椎(脊椎)固定術には

» 後側方固定術(PLF)

» 後方侵入椎体間固定術(PLIF)

» 片側侵入椎体間固定術(TLIF)

などがあります。

このような手術を受けたあとに

腰に負担がかかる

ゴルフへ復帰できるのか?

そういった質問をよくいただきますので

今回は論文を交えてご返答致します(^^)/

 

 
スポンサーリンク

腰椎(脊椎)固定術後にゴルフへ復帰できるのか?

結論から言いますと

以下の論文では

腰椎(脊椎)固定術を受けた方の

50%がゴルフへ復帰することができた

とのことです。

腰椎固定術の1年後にゴルフへ復帰したゴルファーは50%であった

Return to Golf After Lumbar Fusion

しかし

この論文では

主治医の判断という部分が大きく

一般的にも

ゴルフへ復帰できるかどうかは

主治医の許可を得てからという場合が

基本となります。

 

それでは自己判断では

一切復帰できないということに

なってしまいそうですが

医師は手術を実施して頂きますが

生活動作や復帰に向かっての

評価や生活指導を細かく行う場合は少ないといえます。

» 腰に負担がかかる動作

では

誰がそれを行うのか?

 

それは主治医と連携している

●理学療法士

●作業療法士

●柔道整復師

などの専門職になります。

 

なので

復帰に当たっては

主治医と連携している

これらの専門職にご相談いただくのが

最も安全な方法と言えます。

 

腰が壊れた原因が

ゴルフかもしれないという方は

当サイトでスイング動画の

分析を無料で行っていますので

お気軽にご相談ください(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。