ラフからのアプローチでスピンをかける方法

通常ラフからスピンかかりにくい

グリーン周りの

ラフからのアプローチの際には

スピンはかかりにくく

特にグリーンが

下り傾斜だとボールは止まらず

ピンまでの距離を

残しすぎてしまいます。

 

そこで今回は

ラフでもスピンがかけれる

アプローチ方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ラフからスピンがかかるアプローチ方法

この動画の中で

解説されていますが

通常スピンがかかりにくい

ラフからスピンを

かけやすくするアプローチ方法は

①スタンスを開く

» スタンスごとのパフォーマンスの違い

 

②フェース面を開く

 

③フェースの先(トゥ側で打つ)

 

以上の3つになります。

この時に注意したいのが

スピンをかけるためには

できるだけ

ボールがフェース面に

乗っている時間を

多くしたいので

あまりカット軌道で

スイングせずまっすぐもしくは

ドロー目に打ち出す

イメージを持つことが重要です。

 

この方法は

やや上級者向けの方法に

なりますので

アプローチのテクニックを

磨きたいという方は

アプローチ練習場で

練習を重ねてみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。