【スパット】を決めてグリーンを読む

スパットとは

スパットとは

パッティングの際に

アドレスの向きを

決めるための“目印”であり

通常は

ボールの前後にその目印を決めます。

この作業をするかしないかで

パッティング精度

特に距離感が大きく変わってきます。

 

そこで今回は

スパットを決めつつ

グリーンを読む方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スパットを決めてグリーンを読む

この動画の中で

藤田寛之プロが

グリーンの読み方について

解説しています。

 

基本的には直感で

グリーンを読んで

スパットなどでもう少し精度を上げる

というのが藤田流のようです。

 

グリーンの読み方は

人それぞれあると思いますが

“スパット”を決めてみる

というのもいいかもしれませんね(^^)/

▼スパットの決め方

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。