ゴルフスイングが覚えやすい【スロースイング】

スロースイングって何?

ゴルフのスロースイングとは

スイングを覚える際に『ゆっくりとスローでスイングすること』をあらわします。

実はこれは僕自身がゴルフのインストラクターとして

スイングの指導をさせて頂く際に使用している言葉になります。

スロースイングを行うことで格段に

スイングが覚えやすくなりますので

今回はスロースイングでスイングを覚える方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

そもそもなぜスロースイングがよいのか?

人の脳は運動を学習する際に

見本となる動作を見ながら同時にその動作を行うことで

学習効率が向上します。

例えば

ラジオ体操を覚える時に

口頭で説明されるよりも

誰かが行っているものを見ながら行った方が

早く動きが覚えれますよね。

実際に

スロー再生のビデオを見ながら動作を学習した方が

学習スピードが早くなります。

▼動作学習の論文

A Video Feedback System Providing Motions Synchronized with Reference Examples for Motor Learning

これを応用したスロースイングの方法を

2段階に分けて説明します

スロースイング①

この動画のスイング練習は

ゴルフクラブではなくバインダーを持って

フェース面の動きを中心にスイングを学習します。

方法はこの動画を見ながら全く同じ動きを行うだけです。

これはいつでもどこでも行える練習なので

簡単に練習頻度を増やすことができるので

スロースイングの第1段階として必ず行っていただくようにしています。

スロースイング②

スロースイングが行えるようになったら

スロースイングに移行します。

動画で行っているように

今度はゴルフクラブ(アイアン)を持ってスイングします。

しかし

アイアンのグリップ(握り)は

通常よりも右手と左手の間隔を離して行います。

この持ち方をすることで

クラブが身体の動きと連動しやすいので

身体全体を使ったスイングの動きがしっかりと身に着きます。

方法はスロースイング①と同様に動画を見ながら全く同じ動きを行います。

これがスロースイングの第2段階になります。

スロースイング①と②を覚えたら

スロースイング①と②の動きを覚えたら

いよいよ通常のゴルフクラブを持ってスイングしていきましょう。

この時に

スイングに不安がある場合は

スイング自体はスローにしてインパクトの瞬間だけ

通常の速度のスイングに戻してみましょう。

上記スロースイング①②がしっかり学習できていれば

ボールをしっかり捉えられると思います。

そこから徐々に通常のスイングに切り替えていきましょう。

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。