『スライス』を改善する2つの方法

スライスボールに悩んでいませんか?

スライスとは

ショットの際に

ボールに右回転がかかり(右打ちの場合)

打ち出し後に大きく右方向に曲がってしまうことをあらわします。

以前このスライスを引き起こす4つの理由を解説しました。

▼スライスの原因

このスライスで悩む人は多いと思います。

そこで今回は

スライスを改善する2つの方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

①バックスイングを改善する

まず1つ目はバックスイングは

赤線(シャフトプレーン)ではなく

黄線(スイングプレーン)の方向へ行いましょう。

スライスが出やすい人の大半は

赤線の方へバックスイングを行うために

ダウンスイング~インパクトの際に

アウトサイドからのカット軌道となり

スライスが出やすくなります。

インサイドからの軌道

スライスを抑制してくれます。

なので

まずはバックスイングから見直しましょう。

▼バックスイングの自己分析

▼まっすぐ飛ばすためのスイング軌道

②トップでのヒンジングを行う

2つ目はトップでの

左手首のヒンジング=掌屈(しょうくつ)という動きになります。

しかし

多くのアマチュアプレイヤーは

背屈(はいくつ)という動きをしている場合が多く

インパクトの瞬間に③フェースが開いてスライスが出やすくなります。

▼トップでの左手首の背屈

トップで左手首のヒンジングの動きを行うと

スライスを予防することができます。

▼トップでの左手首のヒンジング(掌屈)

しかし

そもそも手首の硬さがあると

トップでのヒンジングは難しくなりますので

手首のストレッチ方法は以下の記事をご覧ください。

▼手首のストレッチ方法

①バックスイングを改善する

②トップでのヒンジングを行う

以上の2つを見直すことで

スライスを改善しやすくなるでしょう。

是非お試しください(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。